シーズンやイメージに合わせて選ぶ、帽子に使われるいろいろな素材

帽子も洋服と一緒で様々な素材から作られています。

これからご紹介する素材別の特徴やメリット、デメリットを知ることで帽子選びをする際のポイントとして参考になるでしょう。

また季節に合った帽子を被ることによって、全体がグッと締まるコーディネートになります。

フェルト

保温性が高く秋冬で活躍するのがフェルト素材の帽子。

肌触りも柔らかいので、被り心地も抜群に良いです。

フェルトの毛の部分にホコリが絡まって取れにくいときがあるので小まめに手入れが必要です。

また水に弱いので濡れないように注意しましょう。

レザー

帽子だけでなく、財布やカバンなどの小物アイテムにも使用されることの多いレザー素材。

羊、豚、馬などの動物が挙げられますが、私たちが普段目にする機会が多いのは牛革(カウレザー)です。

重厚感がありコーディネートのアクセントに良いでしょう。(※加工方法によって品質に差がでてきます)

続いて豚革についてです。

あまり聞き馴染みがないかもしれませんが、通気性も良く丈夫なところが特徴です。

レザーは質感や見た目、蒸れの観点から夏にはあまり適さないとされています。

重厚感があるので秋冬のファッションにはピッタリです。

経年変化も楽しめながら被れるところも、レザー帽子の大きなメリットと言えるでしょう。

コットン

季節を問わずとても使いやすいので愛用者が多いコットン素材。

汗などの水分をよく吸収してくれます。

また、スキンケア用品でもコットンが使われていることから分かるように、肌触りがとても優しいという特徴があります。

吸水性が高い分、汚れやすいので肌への影響が出る前に小まめにチェック&メンテナンスを行うようにしましょう。

コットンは水に強く丈夫なので、洗濯も問題なくできます。

肌触りが柔らかいという特徴も兼ね備えているので、身に着けていても不快感なくともて心地がよいでしょう。

コットン素材は洗濯をすると縮みやすく、毛羽立ちしやすいというデメリットもありますが、高い保温性や吸水性もあり、また染色しやすいなどメリットもたくさんあります。

幅広い活用方法があるので帽子だけでなく、タオルやインナーなどにも人気がある素材となっています。

ウール

羊毛からできた「ウールフェルト」はお手頃な価格で手に入れやすいだけではなく、保温性、吸湿性、防寒性、染色性が優れているところがメリットとなります。

反対にデメリットとしては、

  • ホコリや毛玉が付きやすい
  • 使用頻度によって毛羽立ちが目立つ

という点が挙げられます。

手に入れやすいからこそウールフェルト素材の帽子を購入する際は、触ったときに手触りや滑りが良いものを選ぶようにしましょう。

また、希少価値の高さや、キメの細かさ、手触りの良さなどからビーバーやウサギの毛で作られた帽子は高級品とされています。

上記ふたつの素材で作られた帽子は高価な為、帽子専門店や百貨店、展示会等で出回っています。

ウールと聞くと“毛糸”をイメージしがちで、秋冬に最適と思われています。

勿論、冬に被ると温かく防寒に適しているのですが、意外にも夏に被っても涼しい素材なのです。

ポイントは毛の縮れが頭と外気との壁となってくれるところです。

そうすることで、夏の暑い外気をシャットアウトしてくれ、尚且つ吸湿性もあるので蒸れ防止にもなるとても万能な素材です。

ファー

保温性が高いことで有名なファー素材。

本物の毛皮は非常に肌触りが良く、防寒性も高いです。

高価なイメージがあるファー素材ですが、価格帯も高すぎず見た目もキメが細かく美しいとされているのが“ラビットファー”です。(※名前の通りウサギの毛)

毛の長さによって呼び名も異なります。

いろいろな呼び方

毛足が短いタイプ・・・ファープレーン

毛足が長いタイプ・・・ビーバー(ラビットのロングファーの意味合いとして)

中間のタイプ・・・・・ベロア

その他にも、ミンク、ビーバーといった高級ファーも存在します。

高級ファー

ミンク素材・・・毛足が短く、保温性、保湿性、防寒性に優れている。ニット帽やベレー帽に多く使用されています。

ビーバー素材・・高価で希少価値が高い素材です。細くて柔らかい毛質ながらも、耐久性、防寒に優れているので最高級のファー素材と言われています。

ラビットは高級ファーの代名詞であるミンクやビーバーと比べると、保温性に欠ける部分はありますが、加工や染色がしやすいので様々なファッションアイテムに適しています。

リーズナブルな価格なので、今まで試したことがない“ファー初心者”もコーディネートに取り入れやすいでしょう。

ストロー(麦わら)

麦わら帽子に使用されていることが多い素材です。

夏の暑い時期に日除けとして被るだけでなく、デザインの豊富さからも気軽にファッションに取り入れられるとして人気です。

直射日光を受けた場合でも通気性が抜群に良いので熱がこもりにくくなっています。

麦わら素材は雨などに濡れたとき、そのまま放置してしまうと変形してしまうことがあるので注意しましょう。(※水に弱いので濡れないようにすることが1番です)

また、反対に乾燥し過ぎても帽子自体が割れてしまう可能性があります。

麻はひんやりとした肌触り、加えてサラリとした手触りで春夏にオススメの素材となっています。

通気性・吸湿性にも優れているので、暑い時期には快適に過ごすことができます。

シワになりやすく、洗濯後縮みやすい性質を持っています。

最近では洗濯しても問題なく使えるものも出てきているので、洗濯マークを確認してみましょう。

品質表示で“麻”と表示できるのは現在2種類のみとされています。

・ラミー

光沢やハリがあり手触りが独特なのが特徴で、混紡によく使われる。

(混紡=ほかの原料と混ぜて糸をつくる作業工程のこと)

天然素材の中でも強靭なので、麻の割には硬いという印象を持たれがちです。

・リネン

優しく、爽やかでふんわりとした肌触りです。(※綿に近い)

高価なものなので混紡はせず、そのままの状態で使用されることが多いです。

水を吸うと更に強度が増します。

ポリエステル

速乾性があるので、スポーツウェアや登山ウェアなどにも使用されているポリエステル素材。

水、摩擦、熱に強いので形状を保つという特性も併せ持っています。

吸湿性、耐久性にも優れているので伸縮性のあるポリエステル素材の帽子が学校の運動帽に使用されていることが多いです。

また、他の繊維とも馴染みやすいので天然素材との複合などにも利用されることが多いです。

優秀な素材ですが、静電気が起きやすいという点と、吸水性に欠けるので大量に汗をかくと多少ベタ付きが気になる点はデメリットとして挙げられます。

アクリル

糸自体に空気を含ませる加工するので、その分“カサ”を持たせることができふっくら厚みのある糸ができます

保温性が高い素材なのでニット帽に使用されることが多いです。

洗濯しても縮みにくく、軽くて柔らかいです。

毛玉ができやすい素材ですが、お手入れすることで手触りが良い状態をキープできます。

似ている“ウール”より安価ながらも、強度もあり、耐久性がある素材です。

また天然素材のウールと違い、虫食いやカビの影響を受けることがないので安心して使い続けられます。

そして“水をほとんど吸わない“という特徴があり、汗をかくとベタ付くことがあるので小まめにハンカチなどで拭くようにしましょう。

オンラインショップで最適な帽子を選びませんか?

オンラインショップでは【PLANEX】のおすすめ帽子をラインナップしています。

モデルさんが合わせているファッションも参考になるので、是非チェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA